MAP

〒810-0033
福岡県福岡市中央区小笹4-4-5

福岡市中央区,歯医者,しのざき歯科

HOME医院紹介院長紹介交通アクセス

その治療、本当にインプラントじゃないと無理ですか?

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。


とみた内科クリニック

ホーム»  その治療、本当にインプラントじゃないと無理ですか?

その治療、本当にインプラントじゃないと無理ですか?

他院にて、「インプラントじゃないと無理。」と言われた患者様の、当院の処置例です。

術前 術後
術前 術後
歯のないところに親知らずを移植し、通常の歯とほぼ同様に噛めます。
術前 術後
術前 術後
抜くしかない状態の歯を抜くと同時に親知らずを移植し、通常の歯とほぼ同様に噛めます。
しかも、医療保険を使うことができたので、ご負担は保険治療の範囲内でした。


当院では、開業当時より歯牙移植の症例を多く手掛けております。

歯の移植手術ってご存知でしょうか?他の臓器と違って意外と歯の移植についてご存じない患者様も多いのではないでしょうか?変わった治療法のようにも思えますが、実はインプラントよりもずっと過去からある治療方法です。また、ケースによっては保険の適応も可能です。

また、当院ではインプラントも手掛けております。移植手術の中には保険が適用出来ないケースが御座います。移植手術を保険外で実施し、3年以内にもし移植した歯が抜歯に至った場合(*当院保障規約に準じて)インプラントの手術にかかる金額は移植にお支払いいただいた金額より、段階的に差し引いて処置を行います。

お伝えしたいこと

5年前に移植処置を行った患者様が、定期検診に訪れ、移植した歯が問題ないことをお伝えしたところ「ほんとにやってよかったと思います。」と有難い言葉をかけて頂きました。大学にも通院されてあったそうですが、移植治療なんてものは今まで聞いたことが無かったし、説明さえもなかったとの事でした。私自身もインプラントを薦める歯科は多くても、移植処置をご提案する歯科医院は少ないのではないかなと思います。

インプラントは骨と結合したチタンの歯根を介して物を噛みます。人間の歯は歯根膜というクッション性のある繊維組織を介して骨と歯がくっついています。そしてその歯根膜が果たす役割のひとつは「噛み心地です。」移植した歯は歯根膜を介して骨とくっつくために、自然な噛み心地をインプラントよりも得られると考えられています。

ページトップへ