診療案内|福岡市中央区小笹の歯医者・歯科|しのざき歯科

MENU

診療案内

一般的な歯科診療

虫歯は、虫歯菌とそのエサとなる糖類との作用によって酸が作り出され、歯の表面が溶かされた状態です。レンガ造りの建物に例えると、レンガがいくつか取れた状態と言えます。

もっと見る

歯には「再石灰化」という仕組みがあり、少しならレンガが取れても戻せるようになっています。しかし、たくさんのレンガが取れてなくなってしまったら、建物に穴が開くので別の物でふさがなくてはなりません。虫歯治療では、傷んだところを削り取って詰め物をする処置に当たります。

削ったり詰め物をしたりしなくて済むようにするには、予防と初期虫歯の段階での再石灰化促進が役立ちます。フッ素は歯の表面の物質と構造が似ており、再石灰化を促進すると同時に歯質も強化できることが特徴です。フッ素入りの歯磨き粉やガムを活用し、虫歯予防に取り組みましょう。

予防診療

当院では、ご家庭でのセルフケアや望ましい食生活、フッ素の活用による予防をおすすめしております。虫歯や歯周病は、歯磨きなどのケアによって予防ができる病気だからです。

もっと見る

虫歯になる何よりの要因は、不十分な歯磨きと不適切な食生活だと考えています。フッ素がなくても、正しい歯磨きや食生活の改善によって、虫歯は予防できます。さらに、フッ素を活用することで、予防を強化することが可能です。

フッ素について、使用することに反対を唱える方々もいらっしゃることは事実です。確かに、多量のフッ素を摂取すれば歯にシミが出ることもあるでしょう。しかし、予防のために使うフッ素は、副作用が出るほど高濃度のものではありません。そのため、心配なくフッ素を使っていただけると判断しました。

当院では、ご家庭でできる予防を応援いたします。

歯科口腔外科

歯の移植をご存じでしょうか。病気やケガで歯を失った箇所に、患者さまご本人の親知らずを移植するという治療方法です。当院は開院当初から、歯牙移植を手掛けてきました。インプラントと異なり、保険が適用できる場合があります。

もっと見る

また、自然な噛み心地を取り戻せるということも、インプラントとの違いです。天然の歯は、歯根膜というクッション性がある膜で歯根が覆われております。インプラントには歯根膜がありませんが、歯牙移植なら歯根膜ごと移植することができます。お身体に異物が入ることに抵抗があるという方にも、おすすめです。

ただし、移植先に元々あった歯の大きさに合わせて、親知らずを削るといった処置が必要です。移植できる歯がないケースなどもあり、どなたにでも適応できるとは限りません。長い目で見てお口の健康や費用のご負担を考え、噛む機能を取り戻せるご提案をしたいと思います。

インプラント

インプラントは、歯を失った場合に、そこを補う治療方法の一つです。入れ歯も同様に歯の代わりをするものですが、部分入れ歯では支えとする歯に負担がかかり、連鎖的に歯を失ってしまう傾向があります。

もっと見る

ブリッジですと安定していて噛み心地が良いのですが、やはり支えとなった歯に失った歯の分まで圧力がかかるため、その歯の寿命を縮めてしまいます。

その点、インプラントならほかの歯による支えを必要とせず、顎の骨に直接固定されているため、噛む力を分散させることが可能です。結果として、ほかの歯を守ることにつながります。歯を1本でも多く長持ちさせたい方は、歯牙移植とともにインプラントもご検討ください。

審美治療

丈夫で美しい見た目が長持ちしやすい材料を選び、詰め物・被せ物を作ることができます。自由診療となりますので、料金表をお見せしメリット・デメリットをご紹介してから、患者さまにご判断いただきます。

もっと見る

例えば、詰め物の場合は、保険診療で使う歯科用プラスチックよりも変色しにくい、ハイブリッドセラミックやオールセラミックが選択可能です。被せ物の場合は、丈夫さも考え、メタルボンドやオールセラミックをご用意しました。メタルボンドは金属製のフレームで表面に白くてつやのあるセラミックを焼き付けたものです。オールセラミックの被せ物は、白いジルコニアをフレームに使うため、透明感ある美しさを実現できます。

また、歯の形や隙間が気になる方には、ラミネートべニアという方法があります。薄いセラミックのチップを歯に貼り付けることで、形や隙間、色調を美しく整えられるのが魅力です。まずは、治療によってどうなりたいか、ご希望をお聞かせください。

ホワイトニング

虫歯などの治療ではなく、健康な歯の黄ばみや着色、ヤニ汚れが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、天然歯を全体的に明るい白さにする、ホームホワイトニングを提供しています。

もっと見る

ホームホワイトニングは、当院にて作製するマウスピースにホワイトニングジェルを入れ、毎日一定時間装着するという方法です。通院回数が少なく、ご自宅で実施できますので、ご自分のペースで取り組むことができます。

じっくりと色調を明るくしていくため、白さが長持ちしやすいというのが魅力です。その反面、しみるといった副作用が出るケースもあります。

白い歯が並ぶ美しいお口元を目指す方法の一つとして、良かったらご検討ください。

小児歯科

当院では、幼いお子さまをお持ちの親御さまからのご要望に応え、予防診療の取り組みを強化しました。お子さまにとって治療は嫌なものですが、予防は痛みを伴いませんので、怖がらずに受け入れられるものだと思います。

もっと見る

実は、生えたばかりの歯は虫歯になりやすく、虫歯菌に対する抵抗力が弱い状態です。また、すり減っていないため溝が深く、汚れが溜まりやすいにもかかわらず、磨きにくい箇所があります。そこでおすすめしたいのが、フッ素を使った予防です。市販の歯磨き粉に含まれているフッ素はあまり濃度が高くありませんので、当院で販売している歯磨き粉や洗口液をお試しください。

ぜひ、虫歯で痛い思いをする前に、予防でお子さまの笑顔を守りましょう。ご家庭でのケアは、お子さまの虫歯予防に役立ちます。「虫歯がないね」とほめられた時のお子さまたちの笑顔は、自信に満ちあふれています。

義歯・入れ歯

当院の入れ歯治療は、保険診療を基本としております。ただし、見た目や安定性といった患者さまのご希望を叶えることが自由診療でなら可能となる場合、そちらも併せてご提案します。

もっと見る

部分入れ歯を使うことになった患者さまがよく気になさるのは、金属製の留め具が外から見えることです。その場合、ノンクラスプデンチャーという留め具に金属を使わないタイプのものをおすすめします。

また、入れ歯の安定性を高めるには、マグネットデンチャーという方法があります。残存歯に磁石を取り付け、入れ歯を吸着させるというものです。留め具は外から見えません。異物感が苦手な方には、薄くて丈夫な金属床義歯というものもあります。

よく噛めて使いやすい入れ歯を、患者さまと話し合ってお作りしますので、まずはお気持ちをお聞かせください。